WordPressにFlashファイル(SWF)を埋め込む方法

  • hatena bookmark
  • Twitter
  • Delicious
  • Blogger Post
  • Evernote
  • Google Bookmarks
  • Share/Bookmark

This movie requires Flash Player 9

今後Flash関連の記事を扱うことが多くなるので、導入編として手始めにSWFファイルをWordPressに簡単に反映する方法を書いてみます。

WordPressには素晴らしいプラグインがたくさんありますが、今回はWP-SWFObjectの導入を行いました。

インストールの方法


以下のURLからダウンロードして、wp-swfobjectフォルダを /wp-content/plugins/ へアップロードします。
http://wordpress.org/extend/plugins/wp-swfobject/

その後、管理画面の[プラグイン]メニューに反映されているので、アクティベート行います。

また、管理画面から直接インストールする場合は、[プラグイン]メニューの[新規追加]を開き、検索キーワード 「SWF」で検索すると上位に出てくるのでここからインストールとアクティベートを行います。

記事に埋め込む方法

記事に反映するのは非常に簡単でした。
[SWF][/SWF]の間に「SWFファイルのURL(絶対パス)」,「幅」,「高さ」の順にコンマ区切りで入力します。以下に上に反映されているswfファイルの記述を例として書いてみます。

http://quartz.maxar.jp/flash/3Dtest.swf,500,300

また、テーマファイルなどコードに埋め込むには以下の書式を使います。

<?php wp_swfobject_echo("SWFファイル", "幅", "高さ"); ?>

その他flashVarsにも対応しているようなので、こちらで確認してみてください。

補足

今回、colladaファイル(.dae)を外部から読み込んでいたので、そのままだと表示できませんでした。Flashで外部ファイルを扱っている場合、パスに注意が必要です。

  • hatena bookmark
  • Twitter
  • Delicious
  • Blogger Post
  • Evernote
  • Google Bookmarks
  • Share/Bookmark
関連する記事:
  1. WordPressの各記事にYouTubeの関連動画を表示する方法(プラグイン改良付き)
  2. WordPressでテンプレート/プラグイン/関数の作成方法(超簡易版)
  3. GoogleMaps API for Flash – 3D表示できるMap3Dクラスを試してみました (AS3.0)
  4. ActionScript3.0(AS3.0) – addEventListenerで関数へ引数を渡す
コメント 停止中